袴を学ぼう

袴が語る過去と未来

袴が語る過去と未来 皆さんは、袴というとどういうイメージが思い浮かびますか。
まず思い浮かぶことが和装であるということです。
和装である袴は武将が居た時代よりはるか昔から着用されていた衣服です。
時代は弥生時代から始まり今では卒業式や成人式などの礼装として多く着用されます。
他には武道では、剣道、弓道で使用されます。
昔は、学生服や普段着の一種として用いられてきたのです。
多くは、男性が使われている衣服ですが現代では女性も着用するようになり、小袖、中振、振袖の3つに部類されるようになったのです。
形も多種多様あり、胸高で和服で最も実用的な女袴、羽織と半着で和風スーツとよく合う行灯、折の重なりが浅く左右対称の折り畳みで男性が多く着用する馬乗、細身で凛々しく、且つ動きやすいものが武道、動きやすく稽古着や普段着として着用されているのが武者、武士が旅行に行ったときに使用された野袴があります。
袖無しのものや、羽織、半着、折り畳みが左右対称のものなどそれぞれの催し物に合わせて使用されるところが良いところです。
四季、場所、場合で多くの日本人から愛用されるものです。
この伝統的文化をこれから受け継いで次の世代へ持っていけたらとても幸いです。

袴はレンタルがお手軽・便利

「女袴」は、かつては女学生の制服として着用されていましたが、現代では女子学生や女性教師・保育士さんの卒業式の定番礼装としてすっかり定着し、大変人気のあるスタイルになっています。
着物以上に着る機会が少ないので、卒業式などにぜひ着てみたい!という女子学生さんも多いのではないでしょうか。
着用機会が少ないからこそ、かしこくレンタルするのがおすすめです。
お近くに店舗がある方は実際に試着してみるのが一番ですが、インターネットでレンタルをしている業者のほとんどが往復の送料無料でご自宅まで送ってくれるので、遠方の方もお好きな袴を選択することができます。
種類もたくさんあり、自分で買うとなるとなかなか手が出ないような高価なものも、レンタルなら気軽にトライすることができます。
万が一、雨や雪などで汚してしまった場合にも、クリーニング不要で返却できる業者がほとんどなので、安心です。
業者によっては、肌着や足袋など直接肌に着けるものは新品のものをプレゼントしてくれるところもありますし、草履など小物一式を借りることもできるので、自前で手元にほとんど用意しなくても良いというのも魅力です。
卒業式シーズンになると、とても混み合って、お好きな袴をあきらめざるをえなかったりする場合もありますので、卒業式に袴レンタルをご検討の方は、早めに手続きするのがおすすめです。

便利な袴のサイト

着付けの方法からレンタルまで行っている袴のお店

袴の通販サイト